コンジアム·サービス

予防

  • 患者と保護者は医者に患者の状態を詳しく充分に説明し、質問があれば必ず尋ねて下さい。
    • 検査の目的と、副作用の有無を必ず尋ねなければなりません。
  • 家族の主治医を準備して下さい。
    • 胎児の発育状況と妊婦の栄養状態を一貫性を持ってチェックしているだけでなく、正確に患者を管理し、突然の分娩や救急状況にも備えることが出来ます。.
  • 救急治療室に訪問する場合、患者の状態と既往歴(これまでかかった病気の記録)を充分に説明して下さい。
    • 保護者が患者が負傷に遭った場合は負傷してからの経過を、患者に既存の病気があったならその病気の内容や治療期間などを医者に十分に説明すれば適切な救急対処と副作用および合併症などを防ぐことが出来ます。
  • 妊娠中に検査を行った病院で分娩して下さい。
    • 胎児の発育状況と妊婦の栄養状態を一貫性を持ってチェックしているだけでなく、正確に患者を管理し、突然の分娩や救急状況にも備えることが出来ます。.
  • 産婦の場合、妊娠事実を知らせる名札や認識票を常に準備して下さい。
    • 妊娠の可否を確認できずに胎児に害になる放射線および薬品などに露出する可能性があります。

対処

  • 医務記録を迅速・正確に確保して下さい。
    • 医療訴訟時すべての事実認定の基礎になるため、証拠隠滅を予防します。
  • 事故日誌を時間帯別に作成して下さい
    • 時間が経過するほど思い出すのに限界があります。早い時期に時間帯別に臨床関連事項を整理し記録してください。後に義務記録記載内容の信憑性を付与する根拠になります
  • 医療専門の弁護士と相談して下さい
    • 医療事故は医療紛争に発展する可能性が大きく、医療紛争が発生すれば専門的な訴訟技術だけでなく医療訴訟に関する経験の多い弁護士によって問題の解決策を探せるためです。
  • 感情的な対応(暴言、暴力など)を慎んでください
    • 業務妨害、暴行など民事・刑事上の損害賠償請求および刑事告訴にあう可能性があります

出処 : 医療事故相談センター