페이스북 유튜브

医療情報

総合検診とは?

総合検診は日常生活上では何らの症状も感じることができないが潜在的に持っている疾患を早期に捜し出して治療するのが目的であって、一般的な健康診断では探しにくい胃癌、肺癌、大腸癌など、判別が難しい病気を検査します。 一人一人の健康上の特性や年齢に合わせて追加選択項目を検査をするのが望ましいです。

종합검진이란?
総合健診が必要な場合
  1. 01

    すぐ疲れを感じたり、理由もなく体重が減少した場合

  2. 02

    身体の一部がずっと痛い場合

  3. 03

    首の後ろが苦しくなったり、胸の痛みがある場合

  4. 04

    階段を昇るときに息切れがする場合

  5. 05

    のどの渇きがひどく、よくトイレに行く場合

  6. 06

    乳癌、子宮癌、骨粗しょう症にかかりやすい女性

  7. 07

    腹部不快感や便秘、下痢がたびたびある場合

  8. 08

    正確な健康診断を受けたい場合

  9. 09

    結婚を控えた予備夫婦の場合

健康診断の事前注意事項
  • 検診前日
    • 康診3日前からは、飲み過ぎ、食べ過ぎ、無理な運動を控え、睡眠を充分にとってください。
    • 検診前日の夕食は午後7時前に軽くとり、午後9時以降は断食をしてください。
    • 大便はなるべく検査前日に受け取り、専用の袋に入れてください。
    • 服用中の薬がある場合は医師に相談し、服用を中止してください。
  • 検診当日
    • 朝食は何も食べないでください(水、お茶、コーヒー、タバコを含む)
    • 女性の場合、検診当日生理中または妊娠の可能性がある場合は、いくつかの検査を延期しなければならないので、事前にご相談ください。
    • 睡眠内視鏡をご希望の方は、必ず保護者と同行してください。睡眠内視鏡後の運転は控えてください。
    • 腕時計、指輪、ネックレスなどの飾り物や貴重品は身に着けてはいけません。
    • その他の特異点は、検診の前に病院の方へお問い合わせください。

総合健康診断プログラム

基本検診、精密検診、プレミアム精密検診、宿泊検診プログラム、選択健診など、体系的かつ専門的な健康診断プログラムを通して最大の満足をお届けします。

  • 基本検診

    一般的に40歳未満の年齢に適した検査で、身長、体重、体成分検査などの身体計測から他の血液検査、超音波、代謝疾患の検査に至るまでの基本的な健康情報を測定する検査です。

  • プレミアム精密検診

    プレミアム精密検診は、女性の超音波検査、男性の超音波検査、心血管疾患の精密検査、骨粗しょう症の精密検査などが追加され、広範な検査項目をより便利に選択することができます。

  • 宿泊検診

    広範囲で深みのある診断プログラムで、主要な癌や臓器別の疾患を早期に発見することができる項目で構成されています。 日程は1泊2日、2泊3日の日程で行われ、過重な業務とストレスに苦しんでいる方のため の総合検診のプログラムです。

  • 選択検診

    本人がかかわっている疾患について、より詳細に診断することができるプログラムです。基本検診、精密検診、プレミアム検診に脳血管の精密検査、心血管の精密検査、消化器精密検査、骨粗しょう症の精密検査、女性の精密検査、B型肝炎の精密検査のパッケージを選択することができます。
    ※検診プログラムは、病院によって異なります。

年代別 健康診断

  • 20~30代 血圧、肥満度、肝炎、甲状腺など基本的な健康診断をします!

    社会活動が旺盛な時期でストレス、運動不足、不規則な生活によりからだに脂肪が付き始める時期。慢性疾患の早期発見および治療によって健康を回復できる時期です。 基本的な健康診断で済みます。

    主要検診項目

    身体測定、ストレス体成分、栄養相談、胃内視鏡または、胃造営撮影による胃腸検査、乳房検査、胸部X線撮影、上腹部超音波、心電図、尿検査、一般血液検査(CBC)、肝機能、B型肝炎、C型肝炎、高脂血症、糖尿、胃炎細菌検査、呼吸機能検査、尿酸、腎臓機能検査、便検査、子宮頸部癌および甲状腺機能検査などが必要です。

  • 40~50代 胃癌と肝臓癌、50代は大腸癌に注意してください!

    30代までは体に現れなかった各種健康障害の要因が成人病として現れ始める時期です。 高血圧、狭心症、冠状動脈疾患、高脂血症など心血管系疾患の症候が次第に感知される時期なので健康診断が必ず必要になります。

    主要検診項目
    • - 男性 : 胃癌、肺癌、肝臓癌、大腸癌などを調べ、50代からは大腸内視鏡検査
    • - 女性 : 閉経期が現れる時期で、身体的能力が次第に落ち、各種癌、生活習慣病に対する備えが必要な時期です。
    • - 20~30代の検査項目に骨粗しょう症検査、リューマチ関連検査、胃癌、肺癌、乳癌、大腸内視鏡と肝臓癌など各種癌早期検診が追加されます。
  • 60代 視力、聴力、骨粗しょう症、うつ病などを確認して下さい!

    老年期が始まるこの時期は脳血管、気管支疾患と胃癌など、長期間にわたって進行する病気が多い時期です。 特に生活習慣を改善しても、すでに進行している各種退化現象により基本的に病気を防ぐのは難しいそうです。

    主要検診項目

    1年に一度ずつ医師と相談をし、本人に合った健康診断を受ける事をおすすめします。特に検証されていない健康食品や薬の誤・濫用は避けましょう。