페이스북 유튜브

観光情報

大田12线/主题旅行

  • 유성온천
    儒城(ユソン)温泉
    • 大田広域市 儒城区 溫泉路 一帯
    • 儒城温泉通りには、雪に似た白い花びらが美しいヒトツバタゴが街路樹としてたくさん植えられており、雪の花通りが造成されて非常に美しい。地下200Mから引き上げられた41~43℃を維持する100%温泉水に80人が一緒に足を浸けることができる2つの足湯と水路施設を備えた足湯体験場が無料で開放されており、ここに来る観光客はもちろん、ここの住民も遅い時間にもかかわらず利用者が多い。韓国の116ヵ所の温泉地区の中で最も古い儒城温泉は、賦存量と使用量で全国最大規模を誇っており、弱アルカリ性単純泉で泉質がなめらかで肌に刺激がなく、陽イオン及び亜鉛、鉄などミネラル性金属類がまんべんなく含まれている。温泉テーマ公園には露天足湯体験場があり、誰でも無料で利用することができる。最近では、温泉水で足湯体験ができる温泉テーマ公園内の儒城足湯体験場に多くの観光客が訪れ、儒城温泉がさらに活気を帯びている。
  • 대전문화예술단지
    大田文化芸術団地
    • 大田広域市 西区 屯山大路 169
    • 大田芸術の殿堂、市立美術館、李応魯美術館につながる文化ベルト地域。芸術の殿堂アートホールは1,546席の客席と300人が同時出演可能な大規模な公演会場で、グランドオペラ・バレエ・ミュージカルなど総合文化芸術空間であり、市立美術館はゆとりがあり、深みのある暮らしを共有するのに品格を加える所である。李応魯美術館は地域が産んだ世界的な作家、顧庵李応魯(1904~1969)画伯の芸術を研究して展示する芸術空間だ。
  • 으능정이 문화의 거리
    ウヌジョンイ文化通り
    • 170, Jungang-ro, Jung-gu, Daejeon
    • 042-226-9100
    • 60年代から80年代までひととき中部圏の行政と商圏・伝統文化のメッカと呼ばれたこの場所は、今は文化芸術通りとして新しく浮び上がっている。画廊・公演会場・小劇場・展示及び公演施設・表具師・アトリエ・陶芸店・骨董品店など150余りの文化芸術関連業種の店が盛業しており、ウヌンジョンイフェスティバル、青少年パントマイムフェスティバル、文化芸術通り祭りなど多様な祭りが開かれている。また2013年に開場したスカイロードはアーケード型LEDスクリーン施設で、長さ214M、幅13.3M、高さ20M規模で建設され、メインスクリーンとメディアハブなどを活用して娯楽性と公共性を兼ね揃えた多様なコンテンツを見せる大田の代表的な観光名所だ。
  • 동춘당
    同春堂
    • 大田広域市 大徳区 同春堂路80
    • 042-608-6572
    • 同春堂は同春堂宋浚吉先生が、父親が建てた建物を移転して建てたものだ。同春とは「生きづく春のようにあれ」という意味で、先生はここで読書と教育を行って人材を育成し、懐徳郷約をまとめた。国家指定文化財宝物第209号の同春堂には、尤庵宋時烈が書いた扁額が掛けられている。構造は比較的シンプルで、規模もそれほど大きくない。右の4間が板の間で、左の2間がオンドル部屋だが、前面には縁側があり、オンドル部屋の壁の下部には腰板が当ててある。礎石は四角の耳が高いものを使ってあるが、朝鮮時代後期の別堂建築の標本として挙げるに値する。同春堂の裏には宋浚吉の古宅がある。ここは大田広域市有形文化財第3号に指定されている。離れたところにある「宋氏別廟」は宋浚吉の位牌を祭る祠堂である。
  • 대전둘레산길
    大田ドゥルレ山道
    • 大田広域市 中區 寶文山公園路422
    • 山々が長く伸びて大田を包み込み、その間に3大河川の大田川、柳等川、甲川が順に合流して錦江に流れる。市内から眺めると、西の錦南正脈の名山鶏龍山を背景に錦繍峰、道徳峰がサプチェを越えて甲下山、雨傘峰に続き、北の金屏山に流れる。東は鶏足の稜線が長く伸びて食蔵山が高く聳え立ち、南に宝文山、九峰山があり、再び西の牝鶏山、錦繍峰、道徳峰の稜線と山道で合流する。2004年9月19日から案内登山を始めた大田ドゥルレ山道は、容易に訪れることができる大田の山々をつなぐ多くの市民たちが大田周辺の山をひと回りできるようにした。大田を囲んでいる山を引き続き歩いていると、大田全体の多様な姿を眺望することができ、大田がどれくらい美しいか自然に感じるようになる。それと共に、自然環境を大切にして大田を愛する心を育むことになるだろう!いつどこからでも周辺を見回せば、常に空に線を引いて大田の山々がやさしく近づく。その山を見て喜びを感じるならば、大田の山が大田を抱いているように、私たちも胸の中に大田の山を抱くようにならないだろうか!このような意味で約300里に達する大田ドゥルレ山道(133km)コースを12区間に分け、市民が容易で気軽に登山を楽しむことができるように公共交通の便と登山地図を記した簡略な案内書を作った。多くの市民が利用して私たちの地域の美しい山が完全に市民の心の中に戻ることを望む。
  • 대청호반길
    大清湖道
    • 大徳区大田618から136大興道路
    • 042-270-5582
    • 大清湖は1980年大清ダムが完工して造成され、大田広域市・清州市の飲料水と生活用水・工業用水を供給している。湖の上に海抜200~300mの山と樹木が広がり、ドライブコースとして良く知られている。渡り鳥と留鳥が多く飛来し、夏には上流でシラサギをよく見ることができる。展望台に上がれば周辺の景観を一望することができ、1998年に開館した水広報館は立体映像館や水族館などを備えている。周囲に芝生広場もある。周辺に錦江遊園地・長渓観光地・文義文化財団地などがあって連携観光が可能だ。アクセスは京釜高速道路に乗り、新灘津インターチェンジに出て、新灘津交差点で大清ダム方面に行けば良い。湖をひと回りするには乗用車で3時間程度かかる。
  • 계족산황토길
    鶏足山黄土道
    • 大田 大徳区 長洞
    • 042-623-9909
    • 鷄足山の森の中の黄土道は、国内の他のところでは経験することができない自然が与える健康を経験できる世界唯一の場所で、大田を訪問するなら、鷄足山、大清ダムと共に必ず行くべき観光名所だ。海抜200M~300Mに広がる14kmの刺激的な黄土道を歩いたり走ったりしていると、心身の健康を取り戻すことができそうだ。春、秋には自転車に乗って鷄足山の景色を楽しむために全国からハイキングマニアが押し寄せる。 鷄足山の黄土道は、2009年韓国観光公社から「5月に必ず行ってみたい名所」に選定され、2010年にはこども国連環境会議に参加した100ヵ国500人余りの外国の子供たちとセーシェル共和国のミッシェル大統領が裸足で歩いて絶賛したところでもある。 健康な森、鷄足山が有名になると、「鷄足山黄土道散策」旅行商品が「第2回Gマーケット地方自治体e-マーケティングフェア」で旅行部門大賞も受賞した。毎年ここで40ヵ国余りから600人余りの外国人を含む5,000人余りが参加する「エコワン宣揚マサイマラソン」大会が開かれており、大田の代表的な祭りとして定着している。
  • 한밭수목원
    ハンバッ樹木公園
    • 大田広域市 西区 屯山大路 169
    • 042-270-8452
    • 政府大田庁舎とエキスポ科学公園の中央に位置しており、大田芸術の殿堂、平松青少年文化センター、市立美術館、李応魯美術館などがある文化芸術のメッカであり、樹木園と調和をなして文化が最もそろっているところだ。都心にあるハンバッ樹木園は政府大田庁舎と科学公園のグリーンネットワークを連携した全国最大の都心の中の人工樹木園で、各種植物種の遺伝子が保存され、青少年には自然体験学習の場であり、市民には都心で緑を満喫して休息できる空間だ。西園(市立美術館北側)、南門広場、モクレン園、薬用植物園、岩石園、有実樹園など19のテーマ園で構成された東園(平松修練院北側)、熱帯植物園で構成されている。
  • 뿌리공원
    プリ公園
    • 大田広域市 中区 プリ公園路 79
    • 042-228-8310
    • すべての人々に自分のルーツを知ってもらい、敬老と親孝行の心を深め、韓民族の子孫であることを認識してもらうために、世界で初めて姓氏を象徴する造形物が建てられた忠孝の生きた教育の場だ。自分のルーツを振り返ることができる姓氏別造形物と四神図及び12干支を形象化したルーツの深い泉、各種イベントを行うことができる水辺ステージ、芝生広場と公園が一望できる展望台、八角亭だけでなく、森林浴場、自然観察園など様々な施設が設けられている。主な施設としては、幼稚園児と小学生が利用できるミニモーターカー30台(2人用)と交通標識、歩行者信号がある交通安全教育場のほか、自然観察路、樹木園、森林浴場、野生草花類団地がある自然観察園がある。姓氏別彫刻品の設置及び除幕式、道民親善大会、子供の日行事、敬老行事、手話の歌公園、讚揚公演場、恋人は私の友達、音楽演奏会など、様々な文化行事も繰り広げられ、八角亭(紫山亭)、栗の木団地、散策路、水辺ステージ、噴水台、マンソン堰(ラバダム)など見どころが多い有益な公園だ。
  • 장태산휴양림
    長泰山休養森
    • 大田広域市 西区 壮安路 461
    • 042-270-7883
    • 大田広域市西区壮安洞に位置しており、周辺の景観が秀麗で大田観光名所12選の一つでもある。ここは国内唯一のメタセコイアの森がうっそうとしていてエキゾチックな景観と共に、家族連れの利用客が森林浴を楽しむ休養林として有名だ。長泰山自然休養林は全国で最初に民間人が造成して運営してきたが、'02.2月大田広域市が買収した後、新しくリモデリングして'06.4.25に再開場した。
  • 엑스포과학공원
    エキスポ科学公園
    • 大田広域市儒城区大徳大路480 エキスポ科学公園
    • 042-601-2500
    • 1993年に開催された大田世界博覧会のエキスポが終わった後、その施設と敷地を国民科学教育の場として活用するために造成された科学公園だ。映画を見ながら椅子が動くシミュレーション映像館や電気エネルギー館など見どころが多い。エキスポ科学公園のシンボルタワー·ハンビッ塔からは大田市の主要地域を一望することができ、第1展望台は宇宙ステーションを連想させるリングの形をしていて独特だ。子供の遊び場であり想像力を養うここ科学公園は訪れる人が絶えない。また、最近開館した大田エキスポ記念館、世界エキスポ記念品博物館には世界初のビクトリア女王の万国旗スカーフなど珍しい記念品5,000点余りが展示されている。
  • 오월드
    大田オーワールド
    • 大田広域市 中区 沙亭公園路 70
    • 042-580-4820
    • 大田オーワールドは、682,830㎡の天恵の自然の中で造成され、中部以南で最大規模を誇り、「ズーランド+フラワーランド+ジョイランド」を複合的に構成して家族みんなで楽しめるテーマ公園だ。ここは花と水をテーマにしたそれぞれの新しいテーマ庭園と共に、華麗な光の饗宴を楽しめる景観が調和をなして観覧客の五感を満足させる。160種余りの動物600匹、音の庭園、ハーブ園、バラ園などのテーマ庭園と噴水が調和した空間と共に、ジャイアントドロップ、フリュームライド、スーパーバイキングなど多様な乗り物が準備されている。特に木を利用して作ったおもしろい迷路道は、子供やカップルたちに楽しさを与える空間だ。その下には水をテーマにした庭園が広がっている。中央池をはじめとして、昔の田舎で見ることができた小さくて可愛らしい浅瀬池、写真の名所のカスケード、円形床噴水、トンネル噴水、四角床噴水が続いている。このようにオーワールドは、自然と人工物の奇妙な神秘さが調和した空間だ。