医療情報

安全な眼科手術

一般的に眼科は視力矯正や結膜炎になった時に行く事が多く、ほとんどは眼科疾患を体験していながらも眼科に行かない場合が多いです。 視力の矯正だけでなく大小の眼病をあらかじめ予防するために眼科を訪問することをお薦めします。また、視力校正のレーシック、ラセク手術の場合、通常の手術合併症の頻度が5%未満で、他の手術に比べて安全で確実な世界一流の病院が大田に位置しています。

안전한 안과시술

診療科目および手術

視力矯正
レーシック手術

レーシック手術は近視、乱視、遠視を校正するための手術の中、現代最も広く使われる方法中の一つです。手術後痛みもなく視力回復が非常にはやくて視力が安定する手術方法であります。

ラセク手術

ラセク手術は角膜の白餅を作らずに高度な技術で角膜上皮だけを薄く剥いで視力矯正をする方法です。角膜が薄くてレーシック手術をできない人に適合した手術です。 また、レーシック手術に比べて角膜関連の合併症が少なく安全です。

白内障 眼疾患

老眼、緑内障、眼球乾燥症、斜視、弱視、翼狀片(Pterygium)、瞼裂斑(Pinguecula)、結膜炎、VDT症候群など