페이스북 유튜브

観光情報

  1. 01鶏足山黄土道
  2. 02大清湖道
  3. 03大清ダム水文化館
  4. 04ハンバッ樹木公園
  5. 05長泰山休養森
  6. 06萬仞山自然休養林

生態ウェルビーイングおすすめコース

  • 계족산황토길
    鶏足山黄土道
    • 大田 大徳区 長洞
    • 042-623-9909

    鷄足山の森の中の黄土道は、国内の他のところでは経験することができない自然が与える健康を経験できる世界唯一の場所で、大田を訪問するなら、鷄足山、大清ダムと共に必ず行くべき観光名所だ。海抜200M~300Mに広がる14kmの刺激的な黄土道を歩いたり走ったりしていると、心身の健康を取り戻すことができそうだ。春、秋には自転車に乗って鷄足山の景色を楽しむために全国からハイキングマニアが押し寄せる。 鷄足山の黄土道は、2009年韓国観光公社から「5月に必ず行ってみたい名所」に選定され、2010年にはこども国連環境会議に参加した100ヵ国500人余りの外国の子供たちとセーシェル共和国のミッシェル大統領が裸足で歩いて絶賛したところでもある。 健康な森、鷄足山が有名になると、「鷄足山黄土道散策」旅行商品が「第2回Gマーケット地方自治体e-マーケティングフェア」で旅行部門大賞も受賞した。毎年ここで40ヵ国余りから600人余りの外国人を含む5,000人余りが参加する「エコワン宣揚マサイマラソン」大会が開かれており、大田の代表的な祭りとして定着している。

  • 대청호반길
    大清湖道
    • 大徳区大田618から136大興道路
    • 042-270-5582

    大清湖は1980年大清ダムが完工して造成され、大田広域市・清州市の飲料水と生活用水・工業用水を供給している。湖の上に海抜200~300mの山と樹木が広がり、ドライブコースとして良く知られている。渡り鳥と留鳥が多く飛来し、夏には上流でシラサギをよく見ることができる。展望台に上がれば周辺の景観を一望することができ、1998年に開館した水広報館は立体映像館や水族館などを備えている。周囲に芝生広場もある。周辺に錦江遊園地・長渓観光地・文義文化財団地などがあって連携観光が可能だ。アクセスは京釜高速道路に乗り、新灘津インターチェンジに出て、新灘津交差点で大清ダム方面に行けば良い。湖をひと回りするには乗用車で3時間程度かかる。

  • 대청댐물문화관
    大清ダム水文化館
    • 大田広域市大徳区大清路618-136 大清ダム水文化館
    • 042-930-7332

    水を主題にした文化空間で水資源に対する関心と興味を誘発させて、水文化に対する認識を高めるために韓国水資源公社が造った複合文化空間で既存の大清ダム水広報館を建て増し、2004年7月6日大清ダム水文化館で新しく門を開いた。大清ダムの役目と機能を知らせて、水の大事を見せてくれる第1展示館、大清湖と錦江に生きている生物の生息環境を紹介する第2展示館、大清ダム建設によって消えた大清湖の人々の生と文化を記録・再現する第3展示館を運営する。その他に映像室、ダム資料室とインフォセンター、見晴らし台、企画ショールームなどが用意されてある。

  • 한밭수목원
    ハンバッ樹木公園
    • 大田広域市 西区 屯山大路 169
    • 042-270-8452

    政府大田庁舎とエキスポ科学公園の中央に位置しており、大田芸術の殿堂、平松青少年文化センター、市立美術館、李応魯美術館などがある文化芸術のメッカであり、樹木園と調和をなして文化が最もそろっているところだ。都心にあるハンバッ樹木園は政府大田庁舎と科学公園のグリーンネットワークを連携した全国最大の都心の中の人工樹木園で、各種植物種の遺伝子が保存され、青少年には自然体験学習の場であり、市民には都心で緑を満喫して休息できる空間だ。西園(市立美術館北側)、南門広場、モクレン園、薬用植物園、岩石園、有実樹園など19のテーマ園で構成された東園(平松修練院北側)、熱帯植物園で構成されている。

  • 장태산휴양림
    長泰山休養森
    • 大田広域市 西区 壮安路 461
    • 042-270-7883

    大田広域市西区壮安洞に位置しており、周辺の景観が秀麗で大田観光名所12選の一つでもある。ここは国内唯一のメタセコイアの森がうっそうとしていてエキゾチックな景観と共に、家族連れの利用客が森林浴を楽しむ休養林として有名だ。長泰山自然休養林は全国で最初に民間人が造成して運営してきたが、'02.2月大田広域市が買収した後、新しくリモデリングして'06.4.25に再開場した。

  • 만인산자연휴양림
    萬仞山自然休養林
    • 大田東区下所洞
    • 042-280-5523

    万仞山自然休養林は大田広域市と忠南錦山郡境界として大田駅で17番国道17㎞ 地点に位している。主峰である萬仞山を含めてポンスレ谷、クンベ谷、チャグンべ谷などで成り立っているし、朝鮮時代には山勢が秀麗で太祖大王と王子の泰の面倒を見たりした所だ。谷間にはいつも清い水が流れて、広葉樹が鬱蒼な山林を成している都市近郊休養森で自然尾根を利用家族休養地区、青少年地区、ピクニック地区などで分けられて造成されていて都市民たちの快適な休息所だ。万仞山レストハウスは1990年度に民間資本に建築された自然休養林の便宜施設として建築当時全然山林毀損をしないで自然谷をそのまま利用して谷間にテック施設を作って地上2階、反地下1階でゴンツックドエオッウであり、主骨組はチォルグンコンクルトゾで主材料は木材で建築してレストハウスの前には池を造成して自然景観と調和するように建築することで専門家たちから我が国のレストハウス建築物中一番美しくて立派な建築物という絶賛を受けているし、今は市民たちが余暇を送るためによく尋ねる名所で定着している。あちこちに休息用ベンツ、安らぎの憩い場が設置されていて風光を感じながら休息を取ることができるし、その中でも特に万仞楼閣は萬仞山の象徴的な休養建築物であり、代表的な建築物として二楼閣の建築はソウル北岳山岸にある洗剣亭(洗剣亭) 建築様式を取るが主骨組は鉄筋コンクリート組で屋根は木造瓦家2階で応用建築して韓国固有の伝統建築様式の美しさを最大限いかしながら維持管理を考慮して建築された。